転職におすすめの時期とは?中途採用されやすい時期はあるのか

DATE:2019/08/06CATEGORY:AUTHOR:

転職を考えた際、重要になるひとつの基準が転職する時期です。中途採用の求人がハローワークで増える時期もあれば、転職が難しいとされる時期もあるものです。賢く戦略的に転職をするために知っておきたい、転職におすすめの時期についてお話し致します。

 

中途採用されやすい時期はある?

転職におすすめの、中途採用されやすい時期というのは確実にあるものです。つまり、企業の採用ニーズが高まる時期というものです。

一般的には、中途採用の求人が増えるのは3〜4月と9〜10月辺りとされています。年度切り替えに伴う昇進・昇格などの組織変更や退職者の後任を補充するニーズ、新規事業のスタートなどがあるため、求人情報が増えるとされています。そのため応募先選びの選択肢が増え、中途採用されやすいと考えられますが、好材料ですが、ライバルとなる転職者自体も増える傾向があるのが唯一の欠点です。競争率が高くなるので、必ずしも有利と言えないのが問題点です。

また、場合によっては3~4月よりも少し早めの、2月辺りが狙い目のこともあります。3月末の退職者増加に備えて欠員補充のための手を早めに打っておこうと考える企業は意外と多く、また4月には人事担当が新卒社員の対応へかかりきりになってしまうため、中途採用は少し早めに一区切りつけてしまうということが多いようです。

 

ハローワークでの求人が増える時期!4月の転職は難しいのか?

4月はハローワークでの求人が増える時期ですが、転職には難しい時期と言われることが多いです。引く手あまたなイメージがありますが、何故4月の転職は難しいのでしょうか?

 

転職求人が増える!採用されやすい時期は年に4回

求人が多くなる時期について少しお話しましたが、もう少し詳しく見ていきましょう。

求人が多い時期は、2月~3月・6月~7月・9月~10月・11月~12月の4回とされています。特に2月~3月は新卒含め全体的に求人が増える時期です。対して6月~7月はGW明けで新卒が辞めることが多くなるため、補充要員として中途採用の求人が増える傾向にあります。

次に9~10月ですが、これは夏のボーナスをもらって辞めた社員の補充期間になります。

11月~12月は、冬のボーナスをもらってやめた人の補充期間です。

このように、1年の中でも4回求人が増える時期があります。

 

決算の時期も求人が増える

決算の時期も求人が増える時期とされています。これはすでにお話した4回の求人が増える時期の中では、2月~3月、そして9~10月に当たります。
決算時期には企業が新年度の方針を決め、新規事業や新規プロジェクトを開始するタイミングであるといった点から、急に人員が必要となることが多く求人が増えるのです。

 

ハローワークの求人は増えるのに4月の転職は本当に難しい?

決算の時期も重なり、何かと求人が増える時期である4月ですが、転職は難しい時期ともされています。これは単純に、この時期に転職者のみならず新卒も就職を目指すため、ライバルが増えて競争率があがるという理由からです。ですが実は、1年間の求職者数の月別統計を見ると、4月よりも5月~6月の方が多いとされているのです。

 

4月の転職が必ずしも不利というわけではない

転職が難しい時期とされている4月の転職も、決して必ずしも不利というわけではありません。何故なら、転職活動において重要になるのは「自分の行きたい業界・会社が募集をかけている時期に転職活動をすること」だからです。転職の際には時期をあまり考えすぎず、自分の行きたい会社・やりたい仕事に就ける可能性があるタイミングを何よりも逃さないようにしましょう。

 

転職は1月が入社しやすい時期?

転職するのが難しい4月に対し、入社しやすい時期と言われているのが1月です。1月に転職者が入社しやすいというのは本当なのでしょうか?転職において採用されやすい時期について考えます。

 

比較的転職者が入社しやすい時期は1月なのか?

転職者が入社しやすい時期が1月だと言われる理由は、企業において1月は、新年度の組織改変が活発化する時期だからです。つまり、新年度に向けて11月~12月に採用活動を行っていた企業が、新たな人材を迎え入れるのが1月になるのです。中途採用の求人の中でも、特にマネジメント層を迎え入れるタイミングとして多いのが1月の時期です。

また転職においても、4月までに少しでも補充要員を多めに採用しておきたいと考える企業が動き出す時期が1月だと言われています。1月から採用活動を始めれば、完全に就活が本格化する2~3月よりもまだ競争率も高くないので、ねらい目と言えるでしょう。

 

転職に有利な1月でも1年通してみれば大差はない?

1月は確かに転職に有利な時期ですが、実際は年間を通じて求人件数にはそれほど大きな差はない、ともされています。転職の際に重視すべきなのは、求人数が多い時期や競争率の低い時期だけでなく、むしろ景気や政界情勢の変化などです。そして何よりも重要なのは、やはり自分が転職したいと考えている業界や会社で求人が出ているか否かです。

「1月だからきっと採用してもらえるはず!」と大して情報収集もせずに焦って転職活動を始めてしまっては、本当に自分の望んだ仕事に就けない可能性すらあります。まず一度焦らずに自分のキャリアや希望と向き合い、本当に希望する職種に転職できるように行動していきましょう。

 

最後に

ここでは転職のおすすめの時期についてご説明してきました。ハローワークの求人が増える時期と中途採用されやすい時期には、少しズレがあるようです。また、求人数がそれほど増えない1月ですが、1月転職者にとって、入社しやすい時期でもあり、採用されやすい時期であるとも言えます。採用されやすい時期を見計らって転職活動を行うのもおすすめですが、求人数が増える時期だけに転職活動を行うのではなく、自分が転職したいと考えている業界や会社で求人が出ているか否かはこまめにチェックしておくことをおすすめします。

BACK TO TOP

投稿者

カリキュラム・受講料・日程