転職成功の心得!面接では質問の意図を理解した回答で印象をアップしよう

DATE:2019/10/18CATEGORY:AUTHOR:

転職の際の面接ではさまざまな質問を受けることがあります。いざ面接官の方を目の前にしてしまうと、緊張してしまい、聞かれた質問に答えるのが精一杯…という方も少なくありません。しかし、面接での質問は転職成功の鍵と言っても過言ではありません。面接官の質問の意図を理解した上で、印象の良い回答をすれば、きっと転職成功につなげることができるでしょう。そこで、ここでは一般的な面接で聞かれる質問内容についてご紹介します。面接官の意図を理解した上で、適切な回答とは何かを考えてみましょう。

 

質問の意図とは?転職で面接官の印象を上げる回答方法

転職面接において、面接官は、採用したポジションにふさわしい人を短時間で決めるため、様々な質問をしてあなたのことを知ろうとしています。良い印象を持ってもらうためには、質問する面接官の意図を理解した上で回答しなければいけません。また、嘘をついたりしないようにしましょう。

 

簡単な自己紹介を促された場合

転職面接で自己紹介を促された場合は、簡潔に答えましょう。長い自己紹介は、他に面接の方がいた場合に時間が伸びてしまい、迷惑をかけてしまいます。

 

前の会社を辞めた退職理由を聞かれたら

面接官が転職面接において前職を辞めた理由を質問する意図は、また同じ理由で辞めてしまわないかを懸念しているためです。
退職理由を聞かれたときに好感度の高い質問への答え方は、「もっと勉強したい」「仕事をしているうちに〇〇により深く携わってみたいと思った」「〇〇について学べる環境がある会社を探したいと思った」など、退職理由を前向きに捉えられる内容にすることです。
転職面接で退職理由に関する質問を受けたとしても、待遇面の不満や会社の上司の悪口などを理由にしないように注意しましょう。

 

求人内容(仕事の内容)を事前に調べておく

仕事の内容の経験がない場合、本当に仕事をこなせるのかという意図で「未経験のようですが、なぜ応募されたのですか」といった質問を受けることがあります。未経験の仕事に応募する場合は、業務内容を事前に調べた上で、未経験であることを認め、この仕事に就きたいと思った理由を答えましょう。

未経験の仕事であっても前の仕事の経験が生かせることもありますので、前の仕事の内容を生かせる理由を答えるのも効果的です。

 

転職面接で、最後に質問はありますか?と聞かれたときの対処法

転職面接の最後にいわれるのが「何か質問はありますか?」というものです。
特に質問の内容がない場合は、「わかりやすくご説明をいただいたので特に質問はありません。ぜひ働かせていただきたいと思いました。よろしくお願いいたします」といった内容を答えるようにしましょう。

転職面接において仕事の内容や待遇について、もっと詳しく質問したくなることもありますが、仕事内容や会社のことではなく自分への待遇などについて、採用前に詳細に質問する場合、よほど注意しておかなければ面接官への印象を悪くしてしまう可能性があります。「採用していただいた場合、事前に勉強しておいたほうがいい点はございますか」といった質問は、前向きな印象になるのでおすすめです。

 

転職面接を成功させるための心得

メラビアンの法則をいう言葉を聞いたことがありますか。メラビアンの法則とはアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが、話し手が聞き手に与える印象を数値化したもので、いわゆる第一印象に与える影響に関する情報の配分を唱えた法則のことをいいます。

相手の印象は、視覚情報が55%、聴覚情報が38%、言語情報が7%といわれています。これは何を表しているかというと、初対面の人と会ったときに、見た目でその人の印象の55%が決まってしまうということです。言葉に関する情報はわずか7%に過ぎません。

面接を突破するためには面接官の意図を理解する前に、身だしなみを整え、きちんとした印象を与えておくことが重要だということをまず理解しておきましょう。

 

知っておきたい転職面接の流れ

新卒で企業の面接を受けるときとは違い、転職の場合は一度どこかの会社に就職した人を面接することになります。つまり、面接官は社会経験のない人ではなく社会経験のある人と面接をしているという意識があるため、「一般的な社会常識を身につけているか」「会社が希望している業務をこなすことができるか」「継続して勤務することができるか(すぐに辞めてしまわないか)という点に注目して面接をしています。

面接の流れから考えると、面接当日だけではなく、面接の約束をするところから実は面接は始まっているのです。

一般的な面接の流れに則り、以下のような流れで面接の準備を進めましょう。

 

1. 面接日、面接時間の連絡を受ける

(どうしても都合がつかない場合は、都合がつかない理由を伝え、変更が可能かどうか確認してみましょう。)

2. 面接当日はスーツを着用し、面接時間の10分前には会社に到着しておきましょう

3. 会社に到着したら、必要な書類、身だしなみの最終確認をして、5分前になったら会社内に入りましょう

4. 受付または最初に対応をしてくれた社員の方に、自分の名前と面接時間、面接に来た旨を伝え、担当者を呼んでもらいます

5. 担当者が来るまで指定された場所で静かに待ちましょう

6. 椅子に座って待つように促された場合は、座って待ち、面接官が入室したら立ち上がり、挨拶をしましょう

(面接官がすでに入室している場合は、挨拶をし、着席を促された後に着席しましょう。)

7. カバンは、椅子などに置くのではなく、椅子の左側の床に置きましょう

8. 面接が終わったら、面接をしていただいたことに対してお礼を述べ、退室します。

 

退室の仕方は、まず椅子から立ち上がり、挨拶お辞儀をしたあとに荷物を持ちます。ドアの前まで来たら、面接官の方に体の向きを変え、「失礼します」と挨拶をしてお辞儀をします。ドアの方向に体の向きを変え、ドアを開けて退室します。

 

最後に

転職面接における質問への回答方法について解説してきました。面接における質問への回答は、転職成功の鍵となる重要なポイントです。面接の質問には、前向きな内容でかつ簡潔に答えるようにしましょう。長くなってしまうと面接官の通常の仕事に支障をきたしてしまうことになりますし、何よりあなたの伝えたいことが相手に伝わらなくなってしまいます。面接前に、会社の内容、企業理念、募集されている仕事の内容などを事前に調べ、面接官の質問へはわかりやすく簡潔に答えることを意識しましょう。そして、今まで自分が努力してきたことに自信を持ち、堂々と答えることが大切です。

無料説明会ボタン

我究館 社会人校の紹介

  • 多彩な経験を持つ社会人が集う場

    我究館社会人校では、業界や職種を超えてクラスを構成しています。年齢も様々で、普段関わりの無い業界や職種で働く人とコミュニケーションを取ることで、多角的な視点を養うことが出来ます。

 

  • あらゆる業界に広がる、9,200人の卒業生ネットワーク

    我究館社会人校では「心から納得のキャリア」を描いてからが本番です。
    我究館ではこれまで27年間9,200名超のOBを輩出してきました。
    卒業生には我究館のOB組織である「我究会」への入会が可能です。
    卒業後も、キャリアの実現に向けてOBたちと交流する機会がたくさんあります。

     

  • 充実の個別サポート(オプション)

    オプションの個別サポートでは、半年間、専属コーチによる面談を回数無制限で受けていただくことが可能です。
    PRすべき点を明確にし、また、落ちる要素を徹底的に排除し、第一志望内定に向けた効率的な転職をサポートします。

    新卒の就職活動と転職活動の一番の違いは、「実績」を見られることです。
    特に異業界・異業種への転職を検討されている方は、現職での「実績の見せ方」が重要になってきます。
    職務経歴、PRポイント、志望動機、論文、筆記対策、面接やケース対策など、能力や人柄が最大限伝わるように徹底サポートします。

    ・業界研究・企業研究の方法
    ・職務経歴書の添削
    ・面接対策
    ・筆記対策 など

無料説明会ボタン

BACK TO TOP

投稿者

カリキュラム・受講料・日程