転職を成功させるには業界研究が大事!業界選び・業界研究の手順とは

DATE:2019/08/06CATEGORY:AUTHOR:

業界研究は転職活動に欠かせないものです。ですが、自分自身の経験やスキルが重要視される転職活動では、業界研究を重視していないという方も中にはいるようです。ここでは、なぜ転職で業界研究が必要なのか?、その理由と業界選び・業界研究の手順、そして転職におすすめの業界についてお話します。

 

転職業界の選び方がわからないなら業界研究は必須

 

転職の際、業界の選び方がわからないという方は少なくないものです。自分が活躍できるフィールドを見つけるためにも、転職において業界研究は時間をかけても行うべき工程だと言えるでしょう。業界研究というと転職を目指す業界の研究だけをイメージしますが、まず必要になるのは自己分析です。自分がどのような仕事がしたいかを明確化したうえで、それを実現できる業界を探すことが業界研究なのです。

さらに、業界研究は転職後にも役立つ知識になります。新卒採用では入社後にしっかりと研修を受ける機会がありますが、即戦力が求められる中途採用ではそれほど教育期間を設けられることはありません。未経験であっても業界研究や企業研究を行っていることを前提として面接が行なわれ、入社後もすぐに仕事が任されます。

業界研究を行っていないと、志望意欲が低いと思われて、選考において不利になってしまう可能性すらあります。即戦力が期待される中途採用の場合、「未経験だから仕方ない」といった言い訳は通用しないと思いましょう。

 

転職業界が決まらないなら知っておきたい業界選び・業界研究の手順

転職したい業界が決まらない場合、まず自己分析と合わせて各業界の情報収集からはじめてみてはいかがでしょうか。各業界の特徴を知ることで、自分のスキルや興味に合った業界を見つけることができます。業界選び・業界研究の手順を解説します。

 

業界選び・業界研究の手順①インターネットや会社四季報などを活用

まず興味のある業界の求人情報サイトや企業ホームページをチェックします。求人情報サイトで希望する業界を絞って検索すると、求人募集中の企業の会社概要などを網羅的に確認することができ、サイトによっては企業の上層部などのインタビュー記事をチェックすることができ、会社のビジョンを具体的に把握するのに役立ちます。

新聞や会社四季報なども活用しましょう。各業界の最近の動向や旬な情報を常にキャッチし、見解を深めておくことが重要です。

 

業界選び・業界研究の手順②転職イベントなどに参加してみる

ある程度興味のある業界が定まってきたら、転職イベントなどに参加してみることもおすすめです。各企業のブースでは、企業の担当者に直接質問することもできます。人事担当者に直接アピールすることができて、志望意志が高いと思ってもらえるといった利点もあります。各業界や企業の雰囲気を肌で知ることもできるので、積極的に参加してみましょう。

 

転職におすすめの業界ベスト3

転職に業界研究が必要なことはおわかりいただけたかと思います。ところで、転職におすすめの業界とはどのようなものなのでしょうか。ここからは、転職における業界選びの参考にしたい、おすすめの業界を3つご紹介します。業界研究にお役立てください。

 

転職おすすめ業界①IT業界

1つめの転職におすすめの業界は、IT業界です。若い人の多い業界で、年々市場も広がっています。特に20~30代を中心とした若い人はマッチしやすく、エンジニアやマーケティングのスキルがある人ならおすすめです。

エンジニアのイメージが強い業界ですが、最近は新しいWEBメディアも数多く誕生しています。そのため、マーケティングスキルやデザイナーなどのスキルを持っている方も重宝されるでしょう。

さらに、IT業界は慢性的な人材不足が問題となっています。職務経験がない、業界未経験という方でも、技術や知識を持っている人なら採用される可能性が高く、努力次第では転職後のキャリアアップも十分可能という点も、おすすめの業界と言えるでしょう。

 

転職おすすめ業界②サービス業界

2つめの転職におすすめの業界は、サービス業界です。サービス業界とは、品物ではなくサービスを提供する様々な企業が属する業界で、飲食業、ホテル業、技術サービス業、情報サービス業、娯楽業、広告業、インターネット関連サービス業など、かなり幅が広いのが特徴です。

サービス業界に属する多くの企業では、接客業をはじめとし、お客さまと直接コミュニケーションが取れるという魅力があります。また、提供するサービスは様々ですが、どの企業においても営業職は基本的に成果さえ上げれば着実にスキルアップし、出世することが可能です。成果主義が基本ですので、営業成績さえ上げていけばスピーディに管理職になれる場合もあります。

近年では、人材派遣業やインターネットサービス業が好調で、求人数も増加傾向にあります。

 

転職おすすめ業界③不動産業界

3つめの転職におすすめの業界は、不動産業界です。家や土地などの不動産は、お客様の生活に非常に密着した商品です。そのため、お客様からダイレクトに感謝の言葉をいただくことができ、モチベーションが上がりやすいと言われています。さらに、不動産業界は実力次第で評価されやすい業界とされています。たとえ業界未経験であっても、十分出世が狙えるでしょう。

 

最後に

転職を成功させるため、そして転職先で本当に自分に合った仕事に巡り合うために、業界研究は欠かせません。自分に合った業界に転職し、本当に「やってみたい!」「続けられそう」と思える仕事に巡り合うことで、スキルアップも収入のアップも充分に狙うことができます。また、転職した後にも業界研究の成果は活かされます。即戦力が求められる中途採用では、新卒のように教育制度が十分ではない場合もあるのです。入社後すぐに仕事を任されても、業界研究を十分にしておけば仕事にすぐに適応することができます。転職後の活躍も視野に入れながら、慎重に業界研究を進めていきましょう。

BACK TO TOP

投稿者

カリキュラム・受講料・日程