「学生時代に描いた夢の「続き」をもう一度」

総合エンタテイメント企業→テーマパーク運営企業
Kさん
Kさんの体験談
7年前。大学3年生で就職活動中だった僕は、第一志望の企業に入りたいと、たまたま本屋で出会った「絶対内定」の本を手に我究館の扉を叩きました。我究館のコーチは、とても厳しく、それでも真剣に向き合ってくれて、当時、第一志望だった企業に内定。おかげさまで夢を叶えることができました。

そして、社会人生活も7年が経ち、ただただ毎日必死にもがいていた新人から、ある程度仕事を任せてもらえる中堅と言われる歳になりました。

30歳。

仕事だけでなく、プライベートもそろそろ落ち着き始め、結婚だったり、子供だったり、保険だったり、マイホームだったり。20代前半では想像もしていなかったことを考え始める節目の歳。自分の人生プランをもう一度考え直すいいタイミングだと思い、自分の人生とキャリアの棚卸し、そして今後の展望について真剣に考えました。

新卒で入った会社では、たくさんの貴重な経験をさせてもらいました。
充実した日々を過ごさせてもらった一方、「新しいジャンル」で、そして「より大きな規模」で挑戦したいという新たな夢も芽生えていました。

転職を考えた時、迷わず2度目の我究館の扉を叩きました。



自分の場合は、やりたい夢・入りたい会社は明確でした。でも、不安で胸がいっぱい。初めての転職活動で、勝手も分からないし、自分がどこまで通用するのか未知数です。
しかし、7年前と変わらず、同じように真剣に向き合ってくれるコーチの存在が心強く、不安だった気持ちも我究館に通うことで、徐々に吹っ切れていきました。

入りたい企業に100%内定する方法はないけど、内定率をグッと引き上げることはできると思います。転職活動において最も重要なことは、面接で話した内容が、採用担当者の「腑に落ちること(=納得感)」。

① 自分がやりたいことは何か
② そのやりたいことは、その企業が求めていることなのか
③ それに対して自分にできることは何なのか

この3つを採用担当者にしっかりと伝えられ、採用担当者に納得させることができれば、欲しいと思ってもらえる人材になると思います。

しかし、「①自分のやりたいこと」は、想像以上に雲のようにふわふわしてます。漠然とやりたいことはあるけれども、言語化が難しい。抽象的な表現になったり、逆に具体的過ぎて視野が狭くなったり。
我究館のコーチは、「なぜそれをやりたいのか」「本当にそうなのか」等と、客観的に願望を引き出してくれるため、最終的には自分の本音でやりたいことが言語化できるようになります。

「②そのやりたいことは、その企業が求めていることなのか」その企業のOBを知っていれば聞くこともできるかもしれませんが、僕の場合は、知り合いは一人もいませんでした。
しかし、我究館は過去に数々の企業に人材を輩出しているキャリアスクール。OBや内定者からの情報もあり、今、その企業がどういう人材を求めているかを的確にアドバイスしてくれます。

「③自分にできること」は、自分にとって、一生懸命ひねり出した言葉だったとしても、意外と他の受験者と似たようなことを言ってしまいがちです。
我究館のカリキュラムを通じて、自分の本当の強みが何かを引き出すことができるため、オリジナルで強い自己PRが生まれます。
また、自己PRを言っているつもりが、企業にとってはどうでもいい自己満足PRになってしまうこともあります。それも、コーチが客観的に聞いてくれるため、どのように伝えたら採用担当者に伝わりやすいかというアドバイスもくれます。

転職活動の面接では、我究館に通うことで言語化できた自分をしっかりと伝えるだけ。緊張はしたものの、採用担当者が納得してくれている様子も伺え、自信を持って面接をすることができました。
内定の電話を受けた時、我究館のコーチと対策した日々がフラッシュバックし、感慨深い思いになりました。

そしてもう一つ、我究館の魅力があります。
それは一生モノの仲間ができること。

クラスで出会った仲間とは、我究館のプログラムが終わった今でも、一ヶ月に一回は会って、お互いの近況やキャリアデザインについて語っています。それぞれ転職活動が成功したり、夢に向かって一歩ずつ歩み始めたり。いつかみんなそれぞれの強みを活かして、新しい会社でも作ろうかと話も出るほど。

この体験談を読んでくださる人の中で、今後の人生について考え始めた方、キャリアを見直したい方、本気で内定したい企業がある方がいれば、まずは我究館の説明を聞きに行くだけでも、オススメします。
僕はあの日、我究館の扉を叩いたことで、人生が良い方向へ大きく変わりました。

我究館に通ってから内定まで四ヶ月間。
本当に本当にありがとうございました。
担当コーチからのコメント
学生時代に我究館に通っていたKさん。
前職の総合エンタテイメント企業は学生時代の第一志望でもあり、
夢の舞台で忙しくも充実した日々を送っていました。

しかし30歳を前にして、
「もう一度、人生をかける仕事について考え直したい」と、
我究館の門を再度叩きました。

入館後は、持ち前の「やるならトコトンやりきる」性格もあり、
ワークシートと徹底的に向き合い、仲間とも本気で議論を進めました。
コーチとの面談も一切の妥協なくお互いが納得するまで語り合いました。

結果、「新たなフィールドでより大きな影響力を持ったサービス提供に挑戦」することを決意。
転職活動を開始することになりました。

その後は、コーチとの数え切れないほどの面談を重ねた末に、
超難関と言われる進路に、高評価で内定。

入社後も、転職組としては異例の大抜擢を受け、
第一志望の部署に配属され、現在は国内、国外の最前線の仕事を任されています。

学生時代に描いた夢は、その後も成長し続けます。
本人が成長すれば、夢も成長する。

かつて描いた「夢の続き」をKさんはこれから生きています。
そして、またその夢が成長するのをスタッフ一同、心から楽しみにしています。
BACK TO TOP
無料セミナー・説明会
社会人校
カリキュラム・受講料・日程